肘の関節痛 - 関節痛の原因ドットコム
関節痛の原因ドットコム TOP 》 関節痛の種類 肘の関節痛

肘の関節痛

肘の関節痛は肘の関節が痛み、ある程度以上に関節が動かなくなる症状です。その影響によって指が痺れてくる場合もあります。しかし肘の関節痛というのは、膝などの関節痛に比べるとあまり障害がありません。

大工の仕事や荷物の運搬など、常に肘の関節に負担がかかる仕事をしている人や、野球やテニスのように肘をフル活用する人に多く、最近ではコンピュータを使用している人からもこの症状が出てきているようです。

肘の関節痛はスポーツをしている人に多く起こる病気なので、病名にも野球肘などというように、ほとんどスポーツの名前がつけられています。肘の関節痛の原因は肘を使いすぎていることだと言えるでしょう。

例えば、ゴルフや野球の練習などをやりすぎた場合などによく起こる病気になります。しかしゴルフなどではやりすぎだけが原因ということでもありません。肘を使いすぎることによって肘の外側が炎症を起こすことも原因となります。

また最近は、パソコンの使い過ぎが原因で肘の関節痛が起こるという方もいます。使いすぎ等で原因がはっきりしている場合は安静にするなど、原因を取り除く事から治療をしていきます。

肘の関節痛を治すためにはまず、腕を使用することを出来るだけ控えるようにすることが一番の方法だといえます。消炎鎮痛剤を使用したり、湿布をしたりすることも効果的です。

病院では温熱療法や運動療法が行われることもありますが、長引く場合は骨の変形具合では手術をすることもあります。


関節痛の種類