指の関節痛 - 関節痛の原因ドットコム
関節痛の原因ドットコム TOP 》 関節痛の種類 指の関節痛

指の関節痛

指の関節痛は指の関節に痛みがでたり、指の付け根の手のひらを押すと痛んだり、硬いしこりがみられる状態の事です。指の関節痛になる原因は様々な理由がありますが、一番多いとされているのは加齢や老化によって間接軟骨がすり減ってしまうことによって起こる「変形性の関節痛」になります。

その他にも、指の使いすぎによること、トゲ等外傷から最近が混入して化膿すること、長年の手の疲労等が原因とされています。また、リウマチなどの病気により腱鞘が炎症を引き起こすこともあります。

軟骨や骨自体に傷ができた場合でも、指の関節痛が起こることがあります。症状が悪化すると指の曲げ伸ばしが出来なくなってしまうので、ひどくなる前に手を休ませたり、整形外科など早めに受診しましょう。

治療は原因と思われる作業や運動を中止することが第一で、湿布や炎症を抑える塗り薬を使用して、安静にします。他にはステロイドを注入したり、腱鞘を切開することもあります。

指というのは生活をする上で様々なことに使いますので、指に炎症が起こると普段行っている動作をスムーズに行うことが出来なくなりますのでストレスに感じることもあるかと思いますが、指の関節痛が起きた時の一番の対処方法は、炎症を起こしている指を使わないようにすることだと思います。

そのままにしておくと無意識のうちに使ってしまったりするので、固定しておくことをお勧めします。無理をして使うことで炎症がさらにひどくなってしまうので、とにかく安静にするようにしてください。

指に少しでも異常を感じる場合は、出来るだけ早く病院に行って診てもらうようにしましょう。


関節痛の種類