股の関節痛 - 関節痛の原因ドットコム
関節痛の原因ドットコム TOP 》 関節痛の種類 股の関節痛

股の関節痛

股の関節痛は、股の関節に痛みが生じる関節痛になります。股関節は立っている時も座っている時も、常に前後の筋肉のストレスにさらされています。

その為、関節を動かさないようになってきたり、股関節を構成する筋肉のバランスが崩れることで関節は次第に硬くなっていきます。そういったことの繰り返しで、歩行時・運動時に痛みが走り、階段の昇り降りが困難になったりという症状が出てきます。

このような股の関節痛はスポーツ選手などに多いと言われています。何か他の病気が隠れていることもありますので注意が必要です。

股の付け根のあたりが痛い場合は股関節の変形なども考えられるので、手術をすることもあります。股関節が起こる原因には様々なことが考えられます。

人によっては股関節を構成する骨(大腿骨、寛骨)自体の変形が原因となることもあります。 股は体重が大きくかかる場所なので、肥満の原因になったりすることもありますし、妊娠中や出産後などの体重増加が原因で起こることもあると言われています。

また、人によっては股関節を構成する骨(大腿骨、寛骨)自体の変形が原因となることもあります。軟骨がすり減って、軟骨の中のヒアルロン酸の量が少なくなったために起こるという説もあります。

思い当たる原因などがなくはっきりしない場合は、一度病院できちんと診てもらうようにしましょう。治療には股の関節痛の原因を緩和してくれる薬が用いられることが多いですが、ストレッチ体操を行って関節痛を治すという方法もあります。


関節痛の種類


rich dad office
リッチダッドオフィスのHP 金持ち父さん貧乏父さんや不労所得について