人工関節置換術 - 関節痛の原因ドットコム
関節痛の原因ドットコム TOP 》 関節痛の手術 人工関節置換術

人工関節置換術

人の体というのは年を重ねるごとに衰えていきます。軟骨なども同じです。

人工関節置換術とは関節の痛んでいる部分を取り除き、人工の関節に置きかえる手術です。関節の痛みの原因となるものを全て取り除くので、他の治療法と比べて痛みを取る効果が大きい手術です。

現在使用されている人工関節の耐久性は患者さんの状態にもよりますが、約15〜20年といわれています。場合にはよっては再度手術をして人工関節を入れ替える必要が出てきます。そのため、これまでは60歳以上の比較的高齢の方を対象にした手術とされていました。

しかし、最近では患者さんの価値観やQOL(Quality Of Lifeクオリティ オブ ライフ=生活の質)が尊重されるようになり、50歳代でも快適な生活を送るための一手段として人工関節が選ばれています。

人によって若干の違いがありますが、人工関節置換術の適応になるので以下のような場合になります。

◆痛みがとてもひどいために日常生活などの通常の動作が制限される
◆薬物療法などの保存的な治療方法でも痛みが改善される場合
◆検査などで関節炎の進行などがある
◆関節が固くなっていて動かすことのできる範囲が少ない

以上のようになります。

人工関節置換術というのは出血を伴う手術になりますので、エコノミークラス症候群などが起こる可能性もゼロとは言い切れません。しかし今のところ、人工関節置換術後に重症な肺血栓塞栓症が起こった例などはなく、手術後は快適になったという方がほとんどです。

いずれにしても治療法を決めるのは患者さんになりますので、人工関節置換術をするかどうかということもきっちりと医師や家族などと相談をして時間をかけて決めるようにしましょう。


関節痛の手術


人生を変える!「不労所得の作り方」を学ぶ為には