高位脛骨骨切り術 - 関節痛の原因ドットコム
関節痛の原因ドットコム TOP 》 関節痛の手術 高位脛骨骨切り術

高位脛骨骨切り術

高位脛骨骨切り術は膝関節の近くで脛骨を切って向きを変えることで、変形を矯正して痛みを取り除く手術です。O脚に変形した脚の脛骨を切って真っすぐに繋げ直して、正常な膝や脚の形に近づける手術と言えます。

膝関節の内反変形があり、膝の内側に痛みが強い場合に行なわれます。主に変形性膝関節症で、いわゆるO脚変形が見られる場合で、病変が内側のみの場合に使われる手術です。

手術をすることによって膝が真っすぐになれば、関節軟骨骨全体で体重を支えることが出来るようになるため、痛んでいた内側の関節軟骨の負担がかなり減少されます。それによって膝の痛みが和らぎ、膝も前よりも動くようになります。

しかし変形が進んでからでも手術を行うことは出来ますが、変形する前に手術を行うのと比べると結果は劣ります。うまくいった場合は、座や重労働もできるようになる可能性もあります。

このように高位脛骨骨切り術は、これまで辛かった関節痛を取り除いてくれる素晴らしい手術ですが、いくつかの問題点があります。しかし骨を切るということは骨折しているのと同じようなことなので、骨と骨がきちんとひっつくまで固定しておかなければなりません。

人によっても違いますが、1カ月半ぐらいは固定をしておく必要があります。そのため長期の入院をしなければなりません。

固定をすることに使用するのは、ギプスや丈夫な金具などが用いられます。骨が完全にひっついた後でも、3カ月ほどは松葉杖などを使用する必要がありますので、完全に完治するためにかなり時間がかかります。

仕事などで長期間の休暇がとれない方には少し難しい手術と言えるでしょう。


関節痛の手術


筆耕
筆耕なら書道サービスで!

ドレスレンタルの
http://www.rakuten.co.jp/rentalnana/