関節鏡視下手術 - 関節痛の原因ドットコム
関節痛の原因ドットコム TOP 》 関節痛の手術 関節鏡視下手術

関節鏡視下手術

関節鏡視下手術は膝の中にカメラを入れて行う手術で、ほとんど組織を傷めずに手術を行うことが出来ます。もう少し詳しく説明しますと、関節鏡視下手術というのはスーチャーアンカーと呼ばれる糸付きの小さなビスを関節窩に打ち込んで、その糸で靭帯や壊れた骨を関節窩に固定する手術方法になります。

関節内の病態や患者の年齢・性別などによっても補強術式が追加されます。関節内を観察しながら変性した半月板や軟骨、増生した骨棘の切除を行います。主に関節の変形や痛みがそれほどひどくない場合に行う手術になります。

手術後に残る創も小さなものなので、ほとんどわかりません。術後の入院期間も短く、2,3日で退院をすることが出来ます。そのため退院後から少し経てばデスクワークなど、関節を使わない仕事であればすぐに仕事も行うことが出来ます。

しかし、術後装具で3週間ほどその部分を固定しなければなりません。着脱可能となりますが、出来るだけ外さないようにしましょう。

個人差もあるので一概には言えませんが、手術した後1,2カ月ほどで日常生活に支障をきたすことはなくなります。また3カ月後ぐらいになれば軽いスポーツなども行うことが出来るようになりますので、手術をしても元の生活に戻ることが可能です。

従来の手術法と比較すると生理食塩水を流しながら行うので感染症を起こしにくい、正常組織を傷つけにくい、痛みが少ないなど、患者への負担が非常に少なくなっています。また関節鏡視下手術は、元々日本で開発された安全な治療法になります。


関節痛の手術


ブラジリアンワックス 通販
ブラジリアンワックスの通販なら安心の日本製、専門サロンの無添加ワックスで!