怪我と関節痛 - 関節痛の原因ドットコム
関節痛の原因ドットコム TOP 》 様々な関節痛 怪我と関節痛

怪我と関節痛

関節痛は転倒による出血から細菌に感染し関節炎になる場合や、スポーツをしている時にスポーツ外傷を起こし、股関節炎や膝関節炎などを起こす場合もあります。怪我をすると皮膚を損傷し、そこからウイルスが血管に入り、血流を通じて関節に入った細菌が増殖し痛みや腫れ、場合によっては発熱を起こします。

患部が肘や膝などの関節に怪我をすると関節炎になる確率が高いので、化膿性関節炎のなどの予防に、医師から抗生物質を出される場合もあります。痛みなどから怪我をかばい、無理な体勢で過ごしてしまう方も多いようですが、無理な体勢は余計に関節を痛めてしまうので、無理な体勢を避けて杖やサポーターなどを上手に使い、なるべく正しい姿勢で生活しましょう。

膝に怪我などをしても痛みがなくなればもう治ったと思い、何もしないことが多いと思います。しかし治ったと思っても実はまだ健診が必要であったり、リハビリが必要だったりすることもあります。

通院していた場合は自分の判断で病院へ行くのを止めず、医師が良いというまではきちんと通院するようにしてください。放っておくと膝関節痛が起こって、変形性膝関節症になってしまう可能性もあります。

怪我をしたときは、これぐらいなら…という自己判断はやめるようにして、きちんと病院で判断をしてもらうようにしましょう。また怪我をした場合はその部分を冷やすようにして、出来るだけ負担をかけないようにしてください。こうすることで怪我への負担を減らすことが出来ます。


様々な関節痛


アングリッド
アングリッドならチョコアで!