風邪と関節痛 - 関節痛の原因ドットコム
関節痛の原因ドットコム TOP 》 様々な関節痛 風邪と関節痛

風邪と関節痛

関節痛は老化などだけでなく、風邪など病気になった時にも起こることがあります。身体がだるく、関節の節々が痛くなり気づいたら熱っぽくて風邪をひいていたという様な経験がある方も多いのではないでしょうか。

風邪は鼻水が出る、咳が出る、高熱が出るなど症状が異なりますが、これは風邪の原因となるウイルスが違うためです。身体にだるさがあり、関節痛や腰痛などの症状がある場合は風邪のひき始めである場合が多いので、すぐに対策をして熱が出ないように気をつける必要があります。

普通の風邪とは違うインフルエンザは感染後、しばらくの潜伏期間を経て、高熱とともに発病します。そして次第に悪寒・倦怠感、鼻水・喉の痛み、身体の節々が痛くなるといった関節痛の症状が現れます。インフルエンザの際の関節痛というのは、通常の風邪の時よりも痛みがひどいことが特徴になります。

風邪などで起こる関節痛というのは年配の方などの、大人に起こると思っている方が多いかと思いますが、風邪の関節痛というのは大人だけでなく、子供にも起こることです。熱が出る前や熱がある時などに「身体の色々なところが痛い」といった場合は、風邪による関節痛であることが多いので、自然に治ることがほとんどです。

ですが、風邪による関節痛が長引くこともあります。いつかは治るといっても痛みがあれば早く治したいですよね。小さい子であればなおさらかと思います。

そのような場合は「座薬」を使うこともあります。しかしこれは稀なことなので、医師の判断に従うようにしてください。


様々な関節痛


レーシック
レーシックなら最新鋭のレーシック手術の吉野眼科で!