痛む原因 - 関節痛の原因ドットコム
関節痛の原因ドットコム TOP 》 関節痛基礎知識 痛む原因

痛む原因

関節痛は急性、亜急性、慢性の3種類に大きく分けられます。急性と亜急性の痛みには外傷性・感染性のものがあり、慢性の痛みでは変形性関節症があります。

関節の中でも体重を支えている膝関節は特に痛みを起こしやすい部分で、体重を支えながら曲げ伸ばし等の生活に不可欠な運動を行います。曲げ伸ばしの範囲は歩く時には約60度、しゃがむ時には約120度、正座では約150度と広範囲になります。

さらに膝にかかる負担をみると、 歩く時には体重の約2〜3倍、階段の上り下りでは約4倍、走る時には約6倍にもなり、非常に負担の多い関節になります。

関節痛の痛む部分や痛み方などの症状は人によって異なり、様々な原因が考えられます。一般的には関節に負担がかかることと、クッションの役割をしている関節軟骨がすり減り、その為に痛みが生じることが多く見られます。

また、年齢という原因もあります。身体というのは年齢を重ねるとともに身体機能が低下します。

関節というのも同じです。関節は骨と骨の繋ぎの役割をしていて、身体を支える機能と動かす機能の2つがありますが、年を重ねると関節表面を覆っている軟骨のすり減りや変性が起こるようになります。

そのうちに骨そのものも変形するようになります。これが原因で関節痛を感じるようになるのです。これは男女性別の差などもなく、年を重ねると誰にでも起こることなので、出来るだけ日頃から運動をするなどして予防しておくことが必要になります。


関節痛基礎知識


http://richidad-office.com/金持ち父さん貧乏父さんの秘訣を実践
http://richidad-office.com/