関節リウマチ - 関節痛の原因ドットコム
関節痛の原因ドットコム TOP 》 関節痛基礎知識 関節リウマチ

関節リウマチ

関節リウマチというのは、体のあちこちの関節に炎症が起こって関節が腫れる病気になります。原因不明の多発性関節炎を主体とする、進行性の疾患になります。

関節痛から始まり、場合によっては全身を侵すこともある進行性の疾患で、血管、心臓、肺、皮膚、筋肉といった全身臓器にも障害が及ぶこともあります。関節の変形を起こすこともあります。

はっきりとした原因は不明で、自己免疫疾患と考えられています。しかし、関節リウマチにかかった患者さんの免疫系に異常があることがわかっています。

遺伝的な素因や、スローウイルスなど感染した微生物の影響があると考えられています。またこの両方の組み合わせによって起こるのではと言われています。

関節リウマチの症状は、頭から足の先まで様々な症状を起こす全身性の病気で、起こり方も一様ではありません。関節の毛細血管が増加するとか、組織にリンパ球などの白血球が増えると言われています。

そのため免疫系が異常に働く原因には、このリンパ球などが産生する物質の作用によって炎症が引き起こされて、関節の内面にある滑膜細胞が増殖を起こして、軟骨・骨の破壊が進行すると言われています。

関節リウマチの症状というのはたくさんあるので、診断が難しいこともあります。発病初期は特に個人差が大きいので、きちんと症状を知っておくことが大切になります。

治療は単純な保存療法から薬物療法、手術まで様々ですが、原則は患者の体調を整えるためのもので、休息や十分な栄養を摂ることが重要になります。30〜60歳代の女性に多く、早期診断・早期治療が決め手となっています。


関節痛基礎知識


ハウスクリーニング 岐阜
ハウスクリーニングを岐阜でならまごころ便利屋スマイルで!

ポスティングhttp://www.prograce.net/

スクラブ ナース
スクラブのナースなら創業57年実績多数のe-UNIFORMで!