肥満に気をつける - 関節痛の原因ドットコム
関節痛の原因ドットコム TOP 》 関節痛の予防と改善 肥満に気をつける

肥満に気をつける

体重が重いと、膝などの関節にかかる負担はかなりのものになります。関節痛の原因の1つに肥満というものもありますので、過体重の人は体重管理をしましょう。

過剰な体重は膝や腰などの関節に大きな負担を掛けます。体重が重いほど関節にかかる負担は大きくなりますが、当然、体重が減れば当然それだけ関節への負担が少なくなります。

膝関節の場合、体重を1kg減らすだけで1歩歩く時の片膝の負担が3〜5kg軽減すると言われています。女性の場合だと、更年期頃に突然体重が増えて膝が痛くなった…ということも少なくありません。

これは更年期に入り、女性ホルモンが低下したことによって体重が増加するのですが、この際に体重を増やさないように工夫することが大切に なります。

体重管理には栄養コントロール、エクササイズが効果的です。体重増加を避け、必要な栄養素を摂取するための食生活を心掛けましょう。また、寝る直前の食事は体脂肪が蓄積されやすくなるので、寝る2〜3時間前に済ませるようにしましょう。

体重が増えると動くのも辛くなりますよね。しかし動かなければ筋力は低下してきます。この筋力の低下というのも問題になります。

太っていても筋力があれば膝などに痛みが出ないこともあるからです。太っている人全てが膝などの関節痛を抱えているのかといえば、そういうわけではありません。体重の管理以外に筋力をある程度つける工夫も行うようにしましょう。

関節が痛いといって動かないでいるのは逆効果になるということです。しかしくれぐれも無理はしないようにしてください。


関節痛の予防と改善


チワワ ブリーダードイツポインター 福岡の
http://rosegarden8787.com/

http://www.rearlive.co.jp/trunkroom/
トランクルーム 大阪市で探しています